Aine Hakamatsuka

SOPRANO

"...loads of personality, especially from Ms. Hakamatsuka."
- New York Times

"Hakamatsuka sparkled as Gretel, matching a pearly soprano..."
- Observer

開催予定のイベントはありません
 

プロフィール

袴塚 愛音 (はかまつか あいね)

 

​栃木県大田原市出身。ニューヨーク在住。

埼玉県立大宮光陵高校音楽科を卒業後、奨学金を得てカンザスウェズリアン大学に入学。

在学中より「フィガロの結婚」スザンナ役、「ヘンゼルとグレーテル」グレーテル役、「ディドとエネアス」ベリンダ役等、重要な役に抜擢された他、定期的にフェスティバルやチャリティーコンサート等に参加。またウィチタグランドオペラの演目に出演するなど精力的に活動を開始。同大学を最優等で​卒業後、マンハッタン音学院にて修士号を取得。在学中にはオペラ「ルクリーシアの陵辱」や「ヘンゼルとグレーテル」、オペラシーン「パリデとエレナ」等に出演。

これまでに「魔笛」(パパゲーナ)、「後宮からの逃走」(ブロンデ)、「フィガロの結婚」(スザンナ、バルバリーナ)、「ヘンゼルとグレーテル」(グレーテル、露の精)、「電話」(ルーシー)、「ルクリーシアの陵辱」(ルシア)、「ディドとエネアス」(ベリンダ)などのオペラに出演。特に、ルーシー役を演じた「電話」ではニューヨークタイムズ紙から、2016年グレーテル役で出演した「ヘンゼルとグレーテル」ではニューヨークオブザーバー紙から、それぞれ好評を得る。

コンサートでは、オルフ「カルミナ・ブラーナ」、シューベルト「マニフィカト」、ハイドン「戦時のミサ」、フォーレ「レクイエム」、ベートヴェン「第九」、ヴィヴァルディ「グローリア」、バッハ「カンタータ51番」等でソリストを務める。

過去のコンサートではカーネギーホール、リンカーンセンター、ケネディーセンター、メトロポリタン美術館などへの出演経験がある。

ニューヨーク聖バーソロミュー教会でソプラノを務める傍ら、聖パトリック大聖堂やセント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂でのコンサートにも出演。その他にもニューヨークフィルハーモニー、アメリカンシンフォニーオーケストラ、ザ・オーケストラ・ナウ、ニューヨーク・ヴァーチュオーソ・シンガーズの公演にも出演している。

 
 

お問い合わせ

​お問い合わせありがとうございます。